フォトドラ かごしまオールトヨタ フォトドライブプロジェクト

  • 鹿児島市
2024年1月15日放送

「和紙アトリエTaneda」でランプシェード作り!
~クルマの給電で和紙ランプを灯そう~

これまで数々の写真映えスポットや心に残る体験スポットを巡ってきたフォトドラ。クルマがあればその楽しみ方はまだまだ広がります。今回の体験場所は、鹿児島市にある和紙ランプシェード作りがおすすめの「和紙アトリエTaneda」。フォトドラナビゲーターの鹿児島トヨタ 伊敷店の永尾さんと中島リポーターが「bZ4X」で向かいます。トヨタ初の電気自動車で、SUVタイプなのでとても運転しやすいのが特長です。薄型の電池パックを採用しているので、足元の空間にゆとりが生まれています。BEVプラットフォームだからこそ実現できました!給電機能を使った和紙ランプの点灯は、後ほどご紹介します。

江戸時代に始まったという薩摩の和紙作り。中でも歴史が古く一度は途絶えた伊作和紙を復活させ、さまざまな作品を生み出しているのが、「和紙アトリエTaneda」です。

ここでは、原料となる楮(こうぞ)の木を栽培するところから携わっているそうですよ。永尾さんと中島リポーターは早速「漉き取り」に挑戦!そこに和紙の繊維を黄色く染めたものをのせて色付けしていきます。しっかり乾燥させて筒状にし、ランプに取り付けたら完成です。

ここで、クルマとひろがる体験をご紹介!クルマからの給電※1で和紙ランプに電気を供給します。BEVの非常時給電システムを使えば、ランプを灯すことができますよ。和紙ならではのやさしい灯りで、見ていると気持ちまで温かくなります。さぁあなたも、オリジナルの和紙ランプシェード作りが楽しめる「和紙アトリエTaneda」へ出かけてみませんか。

 

※1 以下安全にお使いいただく上での注意事項をご確認の上ご使用ください。

  • 使用する電気製品の取扱書の注意事項に従ってご使用ください。
  • 合計消費電力は1500W以下でご使用ください。1500Wを超えると保護機能が作動し、給電機能が停止します。工場出荷時の電源周波数は車両によって異なります。車両の取扱説明書を確認し、電気製品の使用可能な周波数と車両の電源周波数が異なる場合は、販売店にご相談ください。

インフォメーション

スポット名
「和紙アトリエTaneda」でランプシェード作り!
~クルマの給電で和紙ランプを灯そう~
電話番号
099-281-4919
住所
鹿児島市西陵7丁目18番13号
参照元
https://sakurajima.tv/

フォトドラアワードについて